小ネタ集

貯金が苦手...そんなあなたに-貯金その3

貯金,苦手

貯金をするとなると、我慢をして節約。頑張ってお金を捻出するといったネガティブな印象を持ってしまいがちではないでしょうか?貯金にもテクニックがあり無理しなくても貯金のできる方法があります。その方法について紹介(^^)/

 

貯金ができない人はどんなタイプ?

 

貯金ができない人に多いのは普通預金口座を一つしか持っておらず、固定費やローンの支払い、振り込みなど、お金の出し入れを一つの口座だけで行っているタイプの人です。一つの口座しか使っていないと、気が付いたら給料日前には預金残高がほぼないという状況が起きやすいのです。

貯金

あなたが一つの口座しか持っておらず、貯金をしたい。そう思っているのならば、「生活用のメインの口座」とは別に、「貯金用の口座」を作ることが必要です。

もし、投資もしていきたいと考えているのならば、さらに「投資用の口座」もあると良いでしょう。他にも、旅行費やちょっとした贅沢をする費用に充てるように「贅沢用口座」を作るというのもありです。

このようにお金の使い方に応じて口座を複数作るだけで、お金をやりくりしているという自覚を持つことができます。一方、一つの口座だけだと、何の理由でお金をおろしているのかも、意識せず、財布のお札が減ったから下す。そんな感じだと思われます。ただ、たくさん作ればいいというのではなく、ご自分で管理できる範囲で使用用途に分けて口座を使い分けるということが重要です。

 

先取り貯蓄

給料日前にどうしてもお金を使ってしまう。そんな人におすすめなお金を貯める方法に「先取り貯蓄」というものがあります。

これは自分で意識して貯めるのではなく、口座に振り込まれる給料からあらかじめ貯金分をとってしまうというやり方です。これならお金をすべて使ってしまうという浪費型の人でも貯金しやすいのではないかと思います。

 

貯金2

 

この先取り貯蓄の方法で簡単なのが、銀行での自動積立です。一度この手続きを済ませておけば、毎月自分が指定した一定額を普通預金から定期預金へ自動的に積み立てられます。このとき、引き落とし日を給与振り込み日の当日や翌日に設定するのがコツです!

もうひとつの方法は給料の一部を天引きする「財形貯蓄」という制度を利用する方法です。財形貯蓄とは企業に勤める勤労者のために設けられた制度のことで、会社が制度を運用していれば、だれでも利用できます。

会社を通して申し込み、毎月の給料やボーナスから一定額が天引きされるように依頼します。ここで引かれたお金は会社が管理してくれるので、ふと思い出したころには、お金がたまっている。ということが起こりえます。解約して引き出す際は会社に申請するなどの手続きが必要になります。

このように、自分自身でもなかなか引き出すことのできない貯金制度を利用するのも先取り貯蓄の大事なポイントとなります。

注意すべき点は、あくまでも生活に無理が生じないような額で預金するということです。無理をして生活を切り詰めて積み立てても、すぐに解約をすることになるのでは積み立てをする意味がありません。そのため、生活に支障をきたさない範囲での貯金をするようにしましょう。

 

貯金3

”財形”の種類について

会社に財形貯蓄制度の利用申請をする前に、制度の仕組みや種類について理解していく必要があります。一言で財形貯金といっても、「一般財形貯蓄」、「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」の3種類の利用区分があり、それぞれに特徴があります。

 

一般財形貯蓄:引き落とし時に使い方の制限はないので、定期預金と似ている。

財形住宅貯蓄:家を買うとき、リフォームをするときなどにのに使用が許される制度。他にも、50万以上貯まっているなどの条件を満たすと家の購入時に最大4000万円までの融資が受けられるという優遇措置もあります。もし、結婚を前提にお付き合いをしている人がいたり、長期的に考えて、マイホームが欲しいと考えている人は20代のうちから住宅財形を選ぶのも手です。

財形年金貯蓄:将来3回の年金を受け取れる制度のこと。あらかじめ、受取時期を設定して、公的年金をもらうまでのつなぎにできます。

 

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は利率に対して、課税されないというメリットもあります。

もし、一般財形で月1万円ずつ貯金していても、定年までおろさなかったら相当な額になります。給与から天引きされているものなので、自分でも気づかないうちにお金がたまっているというのも財形のポイントです。会社員の人はぜひ検討する価値があると思います。

 

↑が財形貯蓄制度をまとめたものとなりますので参考にしてください!

 

まとめ

お金を貯めるための工夫として、複数口座での管理、先取り貯蓄、財形貯蓄制度について紹介しました。あなたにぴったりの方法は見つかりましたか?

意識をせずに無駄遣いがなくなりお金を貯めることができるって良くないですか??ぜひ実践をして知らない間にお金を貯めちゃいましょう!!

 

次回は自分でお金を貯めることができるようになるという「横山式貯金法」というものがあるらしいのでそれを紹介しようかなと...

製作:Cafa

-小ネタ集
-, , , ,

© 2022 Muryo君