バイナリー

バイナリーでマーチンは必勝パターン?それ、破滅への近道ですよ!

バイナリー,マーチン

左側のコンテンツ50%

右側のコンテンツ50%

バイナリーオプションをやっている方であれば、「マーチン」という手法を聞いたことがあるのではないでしょうか?
実はこの手法、かなり危険な手法なのです。
そもそもマーチンとはどのようなものなのか、またどのようなリスクがあるのかを説明します。

バイナリーでマーチンは絶対避けるべき!

バイナリーをやっている人は、一度はマーチンはやったことがあるくらい、有名な手法。
誰に習ったわけではないけれどもやったことはある、という人も多数いるでしょう。

しかしこのマーチン、実は絶対にやってはいけない手法なのです。
資金が多くあったとしても、マーチンでエントリーしていると一瞬で大金が溶けてしまいます。
まさに破滅の道への第一歩となるマーチン。

サインツールや配信、自動売買などではマーチンを前提にエントリーしている場合があります。
このようなものも、絶対に使用はやめるべき。
マーチンを使用しているのは自信の無さの裏返しです。

マーチンとはいったいどのようなものなのか?

バイナリー,マーチン
マーチンを知らない方のためにも、この手法のやり方を説明しておきます。
マーチンは正式にはマーチンゲール手法と呼ばれています。

ギャンブルなどでよく使われる手法で、ルーレットで「赤か黒に掛ける」ものや、バカラなど二者択一もので有効とされています。
そして、「理論上は必ず勝つ」と言われています。

やり方はとても簡単です。
負けた時、金額を倍にして再エントリーします。
掛け金が2倍になるゲームでは、これで勝った時は一度目の負けを取り戻したことになります。

例えば、1回目に千円でエントリーして負けたとします。
次には、二千円でエントリーを行います。

ペイアウト率が2倍の場合、2回目で勝った時には四千円になって返ってきます。
そのため、最初の負けた分を取り戻した形になります。

もしも2回目で負けた場合はどうするのか?
それは、3回目でさらに倍額にしてエントリーします。

そうすると、エントリー金額が四千円になります。
四千円エントリーすれば、勝った時には八千円となります。

このように、負けたらエントリー金額を倍にして次のエントリーを行い、必ず損失分を補うようにするのがマーチン手法となります。
何度負けても1回勝ちさえすれば、全ての損失を取り戻すことができるため、「理論上負けはない」と言われています。

バイナリーでマーチンをやってはいけない理由

「理論上負けはない」マーチンですが、それでもバイナリーでは絶対にやってはいけません。
なぜやってはいけないのか、3つの理由で説明します。

莫大な資金が必要

マーチン手法では、莫大な資金が必要になります。
負けが連続すると、エントリー金額が倍々になっていくため、千円エントリーから始めたとしても、すぐに一万円エントリーを越えて、数万円エントリーになってしまいます。

初回エントリー 1000円
マーチン1回目  2000円
マーチン2回目  4000円
マーチン3回目  8000円
マーチン4回目  16000円
マーチン5回目  32000円



マーチン10回目 512000円

このように、10回マーチンを行うと、エントリー金額が50万円以上になります。
エントリー金額が少ない方は、それほど資金を入れていないと思います。
それなのに最低金額からのエントリーでも、あっという間にエントリー金額が跳ね上がってしまいます。

二者択一とはいえ、相場ではトレンドが発生している場合は一方向に進み続けることもあります。
いつか上がる、いつか下がる、と思い同じ方向にエントリーし続けていては、あっという間に破綻してしまいます。

このように、マーチンを行うのは大きなリスクがあります。

資金管理が制御不能に

バイナリー,マーチン
バイナリーでは、資金管理が重要なポイントになります。
ユーザーは手数料を払ってエントリーします。

バイナリー業者大手のハイローオーストラリアでは、ペイアウト率は一番ベーシックなエントリーだと1.85倍です。
2倍にならないのは、手数料を払ってエントリーしているからです。

バイナリーでは勝率が50%では儲けることはできないのはもちろんのこと、むしろこの手数料でマイナスになります。
そのため勝率を50%を少し上回る54%以上などに設定して、エントリーを行っていきます。

もしもマーチン手法を使い始めてしまうと、勝率を使っての資金計算ができなくなり、資金管理ができなくなります。
そのような状態でエントリーし続けていては、資金が気づいたときにはほとんど溶けていた、ということになりかねません。

金額の上限があるので破綻する

ハイローオーストラリアに代表されるバイナリー業者の全ては、エントリー金額の上限が設定されています。
そのためマーチンを続けていくと上限金額に到達してしまい、マーチン手法が成立しなくなります。

前述の通りハイローオーストラリアを例にとると、通常のペイアウト率は1.85倍。
ペイアウト率が2倍であればこそ、いつか勝てば負けを相殺できますが、マーチン4回目からは勝ってもマイナスの方が大きくなります。

バイナリーはギャンブルではなく投資!

バイナリーはギャンブルではなく、投資です。
いつか勝てるから、と思いながら神経をすり減らしながらエントリーするのはメンタルを保つことはできません。

自分なりのエントリー根拠を元に、淡々とエントリーをこなした先に、利益が生まれます。
マーチン手法のようなものには頼らず、きちんとした根拠を確立したエントリーを行いましょう。

-バイナリー
-,

© 2022 Muryo君