無料君ブログ

【副業】働かずに稼ぐということ〜お金だけ稼いでも意味がない?※是非読んでほしい記事

意味を理解してもらうために

仮想に作り上げた佐藤達郎さん(男性)

という方の一生を書いていきます

 

では達郎さん!

 

お金だけ稼いでも意味がない理由を

人生を通して説明お願いいたします(^ ^)

 

初めまして!!達郎です!!

 

僕は九州の福岡県で生まれました

 

父親は建設関係の仕事を長く続けており

母親はアルバイトをしながら、

二馬力で達郎の成長を支えてくれました

 

僕は、小学生の頃は学年で金賞を取るくらい手先が器用でした

一方で運動神経はお世辞にも良いと言えず、自分自身でも「運動音痴」と自覚していました

 

スポーツ選手や体を使うことは向いていないなーって思っていたので、

器用なことを生かした仕事をしたいなと考えていました

 

中学の頃って運動神経が良い奴ってモテるじゃないですか?笑

だから僕もモテたくてサッカー部に入りましたが、

レギュラーに選ばれることは中学3年の時に初めてなってそれが最後というオチ

 

高校の頃はバンドに憧れてギターを始めました

手先が器用なこともあり? まあまあ上手かった方だと思いますが、

文化祭で演奏できるレベルで飽きてきてやめちゃいましたw

 

進路を決める

 

高校の時の成績はバンド練習ばっかやっていたので、中の下。

「バンド練習やってたから」ってのは今考えると只の言い訳ですけどねw

 

自分の成績では大学は選べるほどなかったのもあるんですが、

とりあえず大学は出なさいと親がうるさかったもんだから

4年生のごく普通の大学を受験して合格して卒業しました

 

大学で学んだことは

 

「バイトの社会経験」

「一人暮らしの大変さ」

「スロット」

「麻雀」

「女遊びw」

 

スキルや知識なんてほとんど身につかなかった。

単純に楽しかったですが、それ以上僕は得られませんでした。。

 

社会人1年目!

楽しい大学生活が終わり

就活をして、美容の卸業者に就職しました

仕事内容は美容室にいって、シャンプーやパーマ剤などを卸す仕事

朝8時に起床

朝9時に出社して、18時過ぎに仕事が終わり、

書類の整理や次の日の準備などで家に帰るのが20時

それからご飯を作って、テレビ見ながら片付けして食べ終わるのが22時くらい

お風呂を溜めるのも面倒だからシャワーを浴びて、布団に入るのが23時前

 

平日は自分の時間はなくて、日曜日の休みが待ち遠しい感じでした

 

「いつまでこの生活するんだろう」って1年目に思ってましたが、何かにチャレンジすることはなかったです

だって忙しかったもん

 

初任給186000円!

健康保険料

厚生年金

雇用保険

源泉徴収

住民税

を引かれて、初めてもらった給料が186000円でした

 

引かれもの多すぎだろ!!

 

って憤怒して親に聞きましたが、

「それが普通だよ。老後のために必要」

と言われて、確かに爺ちゃんなって実入りがないのはしんどい。って考えました

 

昇給で更に憤怒

社長に「佐藤くん頑張ってるから来月の4月に昇給するね」

と言われて歓喜。

昇給=給料増える

どのくらい増えるのかワクワクしました

 

 

が、しかし!

 

 

4月になって、給料明細を開けて唖然

 

「え。3500円増えただけやん…」

 

流石にググりましたよ

実は悪徳な会社やないの?って。

 

でも相場は大卒で昇給率1.4〜2%前後

引かれる前の給与が25万受け取っている場合

だいたい3500円程度とのこと

 

「ドンピシャやん」

 

これじゃ、10年働いてやっと手取り28万とかやん?

これが現実か。

と思うしかありませんでした

それから10年後・・・

疑問を抱きつつも、お得意さんや、社内で仲間もできて、

いつしか「主任」という肩書きもつき、役職手当ももらえるようになり、

34歳の時に手取りで31万ほどになりました

5年前からお付き合いしている美容師の彼女とも結婚することができ、

子供もできました

「ついに俺もパパか。」

と一息つくまもなく「子育ての大変さ」に毎日悩まされました

 

美容師だった妻も育児が忙しくなり、退職をしてカフェでアルバイト

時給850円

昼前から夕方まで働いて手取り6万

 

それから家事や夕食の準備をするわけですから大変も大変ですよ

でもそれが普通なんですよね?

 

妻と僕の給料合わせて37万

家賃と生活費、光熱費など

 

子供の服やオムツ代

付き合いでいく食事や外食代

少しの貯金

 

残るお金は6万程度

 

それを妻と分けると一人当たり3万。

 

1日に1000円。

ぶっちゃけ、お茶してポテチ買ったら終わりやん

 

こんなに二人で朝から晩まで働いて、

これが現実かぁと。

 

ここから子供が大きくなるにつれて学費がくるわけですからねw

もはや動くことが出来ない

 

このまま耐えて働くしかない。。

 

60歳を迎え・・

死に物狂いで働きました

親も他界し、子供も僕が妻と出会った年頃になりました

 

課長になった僕は、会社を定年退職することになります

朝から晩まで働き、休みの日は子供と遊びに行ったりして、

ほとんど自分のために使える自由な時間などなかったです

 

定年退職金は1138万でした

従業員数が299人以下の大卒の退職金はその程度が相場のようです

 

僕の人生は殆どの時間を会社に捧げ、家族に捧げてきました

 

定年退職金は今後の生活費と娯楽

生まれてくるであろう孫のために細々と使うことにします

 

人生はお金だけ稼ぐのではなく〇〇も稼ぐべき

 

達郎さんありがとうございました。

 

アナタは達郎さんの生き方を見て、どう思われますか?

 

浮気もせず、酒やギャンブルに溺れるわけでもなく、

家庭を支え、定年まで仕事を変えずに勤め上げたわけですが。

 

自分の時間が少なすぎると思いませんか?

 

達郎さんの場合・・・

睡眠8時間

勤務10時間(通勤含む)

食事、準備3時間

お風呂などのその他に2時間

 

平日の自分の時間は1日あたり1時間。

 

そして、自由に自分の時間を作れるのは体も老いた60歳になった時ですね

 

アナタが望んでいるのはそんな人生でしょうか?

 

 

 

お金は稼いだかもしれませんが、それは、

 

自分の時間を会社に提供して

得られた対価(給料)だということです

達郎さんは会社に仕えた事をしたわけですね

それが仕事というものです

 

今までの日本はそれが当たり前だったわけです

ですがこれからの日本は

 

お金を稼ぎながら

時間も稼ぐ

 

ということを考えていかなければならないと僕は思っています

 

達郎さんのように大きなトラブルもなく生活をして、やっとの人生なわけです

 

妻が病気になったらやっていけますか?

看病する時間は?

親の面倒も見ないといけなくなったら時間はありますか?

会社は絶対に潰れないという保証はあるのでしょうか?

 

脅しているわけではありません

 

ですが、自分の時間も同時に稼いでいく術を身につけておかなければ、

先行きが不安だということです

 

投資は時間とお金を同時に稼げる可能性を持っている

投資以外でもお金と時間を稼げる方法を知っているのであれば、したい方を選べば良いですが

僕は投資を選び

今こうしてアナタに記事を読んでもらっています

 

僕もアナタと同じように投資なんて全く分かりませんでしたし、

投資の才能があったわけでもありません

 

ですが、このまま老いていけば高確率で自由のない人生になりそうだったので、

自分の時間を割いて勉強をしました

 

もっと楽しく生きたい!

将来はこんな人生にしたい!

世界を見て回りたい!

自由な時間がもっと欲しい!

 

そんな気持ちの中で使う時間は

仕事ではなく志す事。

すなわち志事です

 

今回の、この話を聞いて、

今のままでいいや

って方はそれでいいかと思いますが、

 

俺も志事がしたい!

私も志事を持ちたい!

 

って方は是非飛び込んできてください

 

今の生活よりも刺激があって楽しい人生を

投資やコミュニティを通して一緒に創っていきませんか?

 

アナタの参加をお待ちしています(^ ^)

-無料君ブログ

© 2022 Muryo君