Twitter

Twitter勢がガチイベ挑戦Part2-二次審査編(純粋期)【ミクチャ】

どもども、かふぁです!前回の投稿ではガチイベというよりもミクチャの仕組みについて書いていきましたが今日からは実際に着物男子発掘コンテストについて触れていきたいなと考えています。

着物男子で色々あったというのを知っている方もいるかもしれません....

まあ、色々ありましたね。。。そこらへんもざっくりと内容を公開していきますね。それでは今回は2次審査期間についてです。この時はまだあれ??と思う程度でそこまで気を張っておらず初めての配信に戸惑いながらTwitterを頑張っていた純粋期です(。-`ω-)

 

まあ、運営とのやりとりでも見ていってもらおうかと思っています。

 

 

開始前に来たライン

着物男子発掘コンテストの2次審査は、7/2日18時からスタートでした。この時ラインが来たのは7/2の午前10時でした。変更点についてのラインが来ていたのですが、この時点でイベントに関することについて口頭で説明されていなかったので正直どういう意味か分かっていなかったです。

いきなり、審査段階が変更になったというのを知りました。まあ、今思えば参加者が少なかったからそこまで絞る必要が無かったのかなと。

審査の通過人数に関しても同様に参加者も少なく実際に蓋を開けてみれば毎日配信している人とかも少なくこの対応に関しては唯一と言っていいほどの英断...w

着物男子に参加していた人は1人30レべ越えの方が居ましたがそれ以外はこのイベの為だけに垢作成をした初心者だらけでした。そんな状況も相まって配信を毎日している人がいなかったのかなと思うのと、着物男子自体が仲良くなったのは枠周りという概念がよく分かっておらずお互いの枠に遊びに行ってたりしていたのが理由かなって僕は思っています。

枠周りをし始めたのもイベント始まってから2週間後なんですよね...(笑)まあ、終わってから見返すとしょっぱなから変更かよwwってなってます😅

 

これがきっかけなんですよね...

審査開始2時間前...16時ごろにこのようなラインが来ていました。

〇Twitter投稿について

1日5ツイートまで、#着物男子#ミクチャ をつけた投稿がポイントに換算される。

※サブアカウントでのRT、RTの購入等運営が不正と判断したRTがあった場合加算されません

ここぞとばかりに強調させていただきましたが↑↑↑については開始前から"運営様"自身で言っている内容なんですよね。着物男子の諸々の問題について聞くときにはこの※については覚えておいてくださいね( ゚Д゚)

普通にルール説明のラインですがこの内容は参加者に流されているものです。これを知らなかったっていうのは通用しないと思います。時系列順に書いていくとこのことについて問題になるのはまだ先になるかもですね。

この裏で実は...

着物男子発掘コンテストについての内容をこの時点で資料は渡されていましたが、マネージャーさんからの説明などはされていなかった状況です。応募した次の日の7/1に面談の希望日を聞かれたため7/3と7/4で希望を出していました。

その時は初めての配信ということもあり30分くらいして誰も来ないのでやめましたね...残業とかもあったので22時からでしたし時間が悪かったですな( 一一)

 

その配信をする前に面談の時間について決まっていたら教えて欲しいという旨のメッセージを送りました。この時が7/2の21:20。

7/4の22:54に担当マネージャーの方から連絡があり面談日の再調整のお願いをされました。既読無視、返答が数営業日空いていたのはこの時からだったんですね...自分の配信とかTwitterで精一杯で全然気づかなかったですね。。。

基本的に【報・連・相】ができていないというのがイベント通しての感想ですよね。

 

????『運営さんだーい好き💗💗💗』

 

はい、これで中和されたのでおk。魔法の言葉なのでおすすめです( ゚Д゚)

挨拶きた

7/5になり担当マネージャーから挨拶がありました。今思えば副賞って何を指しているのか分からないなっていうw

なんのイベに出ててどんな結果なのか気になりますが、終わった今何かこの方から得られるものがあったかというといただいたものはストレスくらいですね。

配信に役立つこともなく、質問しても既読はつけるけど返答催促しないと3日は余裕で既読スルー、配信を見てもいないのにアドバイス(ほかの担当の人にもコピペアドバイス)まあ、ひどかったです。

当日夜や平日昼間に面談を聞いてきたり、再調整になったのは貴社の不手際によるものなのに...ってwまあ、その時は着物男子の仕組みがよくわからなくて説明早く聞きたかったから7/5の21時からということがありました。

ZOOMのレクチャー会も紹介されたので20時からのに参加して面談の予定でした。

レクチャー会

前項で書いたようにレクチャー会に20時から参加しました。内容としては配信でどのようにしていったらよいか元ライバーの方が説明されていました。

自分で配信をしたり色んな人を見てきて思ったのは説明をされた方は上位のライバーではないけど公認ライバーは持っている人って感じですね。

配信初心者が聞いても勉強になったということは少なかったです。あるとすればファンマくらい??笑その時にビギナーだと盛り上がり度上がりやすいから最初の1か月配信頑張った方がいいとか言ってくれたらよかったのにね( 一一)

Twitterの運用について偉そうに語っていましたが、Twitterの運用としては僕と違う考え方過ぎて受け入れることはできませんでした(すごい反抗的だ...w#純粋とは)

その方の方法としては毎日映える写真とタグ何個も付ける。5個ツイート一気に投稿というスタイルでした。

....はぁ。(;・∀・)

Twitterでそれしなくてよくね???って思ったのはその時から変わっていません。インスタでやっとけばいいんですよ。

この方法をとるとですね...RT審査とかだとRTが外れやすくなったり、投稿者本人が検索BAN(シャドウバン)にかかったり、応援してくれる人のRT垢が凍結される危険性が高くなります。

何故かというと、#を大量につける行為というのはスパム扱いされやすいんですよね。Twitter側の推奨タグ数は2~3個と言われています。7個とかつけるとそのツイートをRTすると普通の投稿をRTするよりも垢に負荷がかかってしまうイメージです。また、写真だけで文字数が少ない投稿というのはTwitterのアルゴリズムは好まないと言われています。文字数はきっちり使いましょう。

あと、投票ページのURL付けるとも言っていたけど、同じURLを毎回張り付けるとスパムリンク判定されて投稿がセンシティブ表示になったり、スパムを拡散しようとしたとしてRT垢がBANされます。

凍結されたことある人とかRTが外れる~とかいう人はここら辺身に覚え有りませんか?

 

自分の投稿でRT外れることなかったので#と画像、URL、いいねRT一気にし過ぎが大抵の原因かと思います。

 

運営さんもTwitterの仕組みについて理解されていない様子でしたし仕方はないけど、審査基準にするならこれくらい把握しておいてほしいし、変なことを広めないで欲しいです。根拠をもってこのレクチャー会のTwitterに関してはダメ出しが出来ますw

まとめ

ここまで書いてきて、3000文字を越えたのでパートはここまで...二次審査数日しか経過しておりませんw

ココを抜けると1週間くらい飛んでゲリラとかになると思うので3つくらいのPartになるのかなと勝手に思ってます。2つでおわれたらそれはそれでいいかなと...

何故ならこれはまだ序章だから。メインの説明する量めちゃくちゃ多いので早く書きたいですね...忘れないうちに( ´∀` )

また明日も見てね。

製作:かふぁ

 

-Twitter
-, ,

© 2022 Muryo君