テクニカル 為替

バイナリーのダブルトップやダブルボトムとは?トレンド転換を狙う!

バイナリー,ダブルトップ,ダブルボトム

FXやバイナリーオプションなどをやっている人は、一度は聞いたことがある言葉であるダブルトップ、ダブルボトム。
言葉は聞いたことがあるけれども理解していない人は多くいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ダブルトップ・ダブルボトムについて紹介したいと思います。
多くのトレーダーが意識している形なので、ぜひ覚えておいてくださいね!

バイナリーのダブルトップとは?

バイナリー,ダブルトップ,ダブルボトム
バイナリーに限らず、FXでも同じことですが、ダブルトップが発生した場合はそれまで上昇トレンドだったチャートが転換し、下降トレンドに変わると言われています。

ダブルトップとは、図のようにアルファベットの「M」の形のように見えるチャートパターンとなります。
ダブルトップが出現すると相場の天井を表しており、トレンド転換が起こり下降トレンドになることを示しています。

もう少し詳しく説明します。
まず、上昇トレンドの最中に一度下落します。その後前回の高値付近まで再上昇するも、直近高値を越えられずに再び下落します。

そしてこの下落がネックラインを割り込んでいけばダブルトップの完成となります。
ダブルトップが出現した時は「売り」を示すシグナルとなります。

なお、直近高値とネックラインの値幅と同じ分だけ、ネックラインを割り込んで下落すると言われています。
このようなイメージですね。

バイナリー,ダブルトップ,ダブルボトム

下の矢印まで下落すると言われているため、ここを意識しながらエントリー・利確を行いましょう。
なお、ダブルトップが出現すれば必ず下落トレンドに変わるかというと、そうではありません。

相場には絶対はなく、いわゆる「騙し」と呼ばれることも発生します。
騙しは例えばこのような動きをします。

バイナリー,ダブルトップ,ダブルボトム

騙しはどのようにして回避するのでしょう?
騙しの回避は難しく、これをすれば回避できる!というものは残念ながらありません。

ダブルトップが出現しているところで、さらに別の根拠があれば騙しを回避する可能性が高くなります。
例えば、その付近にレジスタンスラインが存在している場合。

レジスタンスラインがあればそこで跳ね返される可能性があるのと、ダブルトップでトレンド転換する可能性が出るため、2重の根拠になりますよね。

それ以外にも、インジケーターなどを組み合わせて根拠の上増しをしてからエントリー・利確を行いましょう。

バイナリーのダブルボトムとは?

バイナリー,ダブルトップ,ダブルボトム
ダブルトップを紹介しましたが、次はダブルボトムです。
ダブルトップがチャートの天井を表すのと同じように、チャートの底を意味するのがダブルボトムです。

ダブルボトムは下降トレンドが終わり上昇トレンドに転換することを表しています。
アルファベットの「W」のような形に見えるチャートパターンがダブルボトムです。

ダブルボトムのネックラインは直近高値のレジスタンスラインを指します。
ダブルボトムでは下降トレンドで一度上昇し、その後下降した後に再度上昇します。

再度上昇した時にネックラインを越えることで、ダブルボトムが完成します。

ダブルボトムもダブルトップと同じように、直近安値からネックラインの値幅と同じくらいに、ネックラインから越えてから上昇が期待できます。

バイナリー,ダブルトップ,ダブルボトム

ダブルトップと同様に、ダブルボトムには騙しがあります。
考え方は同じなので、他に根拠となるものがないかを探すことが重要となります。

ダブルボトムの場合はサポートラインが近くにあるかどうかなどが根拠となります。
ボリンジャーバンドやRSIなどインジケータを組み合わせても良いでしょう。

まずはチャートを見て、ダブルトップ、ダブルボトムを探してみてください。
その後思った通りの動きになるのかを検証してみましょう。

バイナリーのダブルトップやダブルボトムとは?トレンド転換を狙う!まとめ

バイナリーのダブルトップやダブルボトムとは?
トレンド転換を狙うには?

こちらについて紹介してきました。
ダブルトップ、ダブルボトムは前述のとおり多くのトレーダーが意識しているチャートパターンです。

しかし、あまりにも短期の足(1分足、5分足など)で出現しても効果がないことがあります。
長期足の方が確度が高いチャートパターンの形となっています。

まずは1時間足などからチャートを見ていくのが良いかもしれませんね。
なお、レジスタンスライン・サポートラインがわからない方はこちらも参考にしてみてくださいね。

バイナリーで水平線の引き方は?初心者にもわかるように教えます!

-テクニカル, 為替
-, ,

© 2022 Muryo君