基礎知識 小ネタ集

貯金体質を作る横山式貯金法って知ってる?-貯金その4

横山式,貯金法

 

今まで貯金をすることのできなかった人の多くはある一定期間の間にお金を貯めるといった具体的な成果を実感したことがない人が多いのではないでしょうか。(例えば6か月で30万貯金など)

貯金を続けられるようになるには、まずは短いスパンで努力をし、貯金の喜びを知る必要があります。その一つの方法として「横山式90日貯金プログラム」というものがあり、そちらを紹介したいと思います。

 

横山式貯金法とは?

横山式90日貯金プログラムとは、ファイナンシャルプランナーである横山光昭さんが提唱している貯金プログラムのことです。3か月というスパンで貯金を実践することで、今後の貯金を継続していくための貯金体質を作ることができるプログラムです。

横山式貯金1

90日貯金プログラムは給料日にスタートし、3か月後の給料日前日が終了日になります。スタートする前に、貯めたい金額・お金の使い道の割合をどう変化させるか(消費・浪費・投資のバランス)、生活上改善したいこと・挑戦したいことの4つを洗い出します。

例えば....

『十万貯める、現状(消費80%・浪費10%・投資10%)を消費75%、浪費5%、投資20%に換える、遊びに行くのを月2回までに減らす、運動を始める』などです。

そのような自分の目標を書くためのノートを準備します。一般的に「夢ノート」と呼びます。皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。さらにこれと、家計簿、貯金プログラム用の口座を新設します。

始める前に、毎月の収支表の用意をしましょう。これで事前準備が完了となります。

夢ノート

このプログラムの実施中は家計簿をつけます。月に一度、締め日として、消費・浪費・投資のバランスをチェックしましょう。家計簿の内訳をしっかり確認し、その反省を受け、翌月の生活に活かします。そして、大切なのが夢ノートに「1日3行以上日記を書く」ことです。

夕飯で外食したからお金使いすぎた。とか、終電なかったからタクシー使ったなど...毎日の反省を書きます。そうすると、毎日目標を意識し、気持ちを毎日リセットすることができます。そして、実践中はクレジットカードの利用は避けましょう(家賃や公共料金の支払いで利用しているのならそれのみありかと思います)。

90日間の実践が終わったら、プログラムで得た成果より明確に感じとるために振り返っていきましょう。

✓チェック項目

・□この期間はあなたにとって厳しいものでしたか?

・□当初の目標は達成できましたか?

・□家計簿や日記を楽しみながら記録することができましたか?

・□気がかりなことはなにか解消しましたか?

・□何か気づきはありましたか?

・□新しい習慣は身につきましたか?

 

振り返ってみたらこの「横山式90日貯金プログラム」を行う前と後の生活の違いを実感できると思います。

さらに90日分の夢ノートと家計簿を見返すと、自分の思考や性格傾向、お金の使い道のパターンが読み取れます。それが今後の貯金をするときに活きてきます。少し自分に厳しくしすぎたなと思ったら、2回目以降、自分へのご褒美とのバランスを取りながら、このプログラムを実践していきましょう。

また、あまり貯金ができなかったとしても、今回の反省を活かし、2回3回と、自分の目標や歳出削減方法を変えながら横山式90日貯金プログラムを実践していきましょう。意味がないことは今回成功したからと言って、貯金をやめてしまうことです。

このプログラムの成功は、貯金体質になるための第一歩であり、目標の一部にすぎません。貯金の成果や、目標にしていたものを購入できたときに感じる、「お金のありがたみ」を実感するためのものです。

残金を見ただけで、「月の中旬にしては食費を使いすぎている。後半は外食を抑えるようにしよう」などと、お金の使い方をコントロールできるようになれば、「貯金体質」が身についてきた証拠です。今後お金のやりくりに困ることは、少なくなるでしょう。

 

まとめ

「横山式90日貯金プログラム」いかがでしたか貯金体質を作ることが貯金の目標を達成するための第一歩です。ぜひ小さなことから、成功体験を積み重ねていって貯金癖を作っていきましょう♪

↓は90日プログラムの日程の立て方の一例となっております☆

製作:Cafa

-基礎知識, 小ネタ集
-, ,

© 2022 Muryo君